人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ツインズと雪遊びがしたい!

やっと治りました。インフルエンザ
いやぁ、熱が下がりきるまでに結局1週間かかったかな。こんなの本当に久しぶりで、普段の健康のありがたみをひしひしと感じた1週間だった。
子供達もすっかり元気!一時はどうなることかと思ったけど、ようやく一安心。

あとは、感染はしなかったものの、3人の風邪をうつされて長引いているパパだけ。
今週も出張で佐賀まで行ったはいいが、出張先で熱が出てあまり使いものにはならなかったらしく(笑)、ヘロヘロになって帰って来た。
でもまあ、この週末ゆっくり休めば、きっと元気になる事でしょう。

インフルエンザなんかにかかっていなければ、本当は今日、電車で雪山へ行く予定だったのだ。ソリ遊びをしに。

ツインズと雪遊びがしたい!_c0048142_17341759.jpg去年、子供達に可愛いスキーウェアとスノーブーツを買ってやって、人工雪でできた箱根のスノーボードパークへ一度だけ連れて行ってやった。2人ともけっこう楽しんでいたから、今年はちゃんとしたスキー場へ行きたいねと、12月くらいからずっと話していた。

でも・・・子連れでスキーって結構大変。
何よりもまず、パパが雪道の運転経験がないため、車での移動が不可能。スタッドレスを買うお金もなく、かと言って家にあるチェーンは1回しか巻いたことがない(しかもパパの友人に手伝ってもらってやっと巻けたという状態)。

電車で行こうと思ったら、1時間以上かけて東京か上野まで出なければならない。スキーウェアなんかの大荷物をかついで、ツインズ連れて、ラッシュの電車に乗る・・・まず無理。想像しただけでどっと疲れてしまう。

バスツアーという手もあるが、まだ3歳の子供を深夜バスに乗せるわけにもいかない。周りの乗客にも迷惑だし。
朝発となると新宿や横浜から出発のツアーがあるけど、出発が6時半!とか7時!とか・・・(泣)早朝にたたき起こして、きっとまだ眠くてぐずる子供達の手を引きつつ、大荷物かついで新宿まで・・・やっぱり絶対無理。

そんなこんなで、あれこれ探し回った挙句に見つけたのが、富士山麓にあるスノータウンYetiだったのだ。
これは小田急沿線の駅から直通バスが出ていて、出発も遅めだから、うちからでも十分間に合いそう。スキー場自体は広くはなさそうだけど、どうせ雪遊びがメインだからゲレンデの広さはあまり関係ない。子供達にとっては十分な広さだろうし。
これだ!決定!!
と、とても楽しみにしてたのに・・・

でも、どちらにしても今日は天気よくないし、まあいいか。
みんなが全快したら、仕切りなおして行くことにしよう。
パパはまだ体調がよくないせいか、「今シーズンは行けないかもな」などと弱気になってるけど、ぜーったい行ってやる!
だって今シーズン行かないと、子供達のスキーウェアもスノーブーツも、来年じゃサイズが合わないんだもん!!(そんな理由かよ)

誰か、子連れでも比較的ラクに行けて楽しいスキー場、知りませんか?小田急線沿線から行きやすい所がいいんですけど・・・

# by suzuryo0917 | 2005-02-18 18:00

はやく元気に・・・

飲んでいる薬がよほど強いのか、私は熱も下がってほぼ復活。
ただ、咳がひどくて胸が苦しいけど・・・痛くて大声が出せない状態。
昔から肺や気管支が弱く、風邪をこじらせて肺炎になったこともあるので、このままちゃんと治ってくれるのか心配。

子供達は、というと。
りょうは、熱が下がってホッとしたかと思えば夜になるとまた上がる、といった調子で、なかなか気が抜けない。
りょうの場合、いつも一気に高熱になるので、ハタで見ているととても怖い。真っ赤な顔をして、弱々しい息遣いでハーハーしてるんだもん。

熱が下がって体がラクになると、それまで苦しかったのがウソのようにゴソゴソし始めるんだけど・・・おもちゃ散らかしたり、椅子やテーブルの上に乗っかったり。
それはそれで私のイライラの原因になるのだけど、だからといって熱に浮かされて大人しくしている息子の方がいいとは、やっぱり思えない。

すずの方は、、、この人が今の家族で一番元気かもしれない。
微熱はあるものの、まあよく動く。とっかえひっかえおもちゃを出してきては遊んでいるし、重い体を私やパパに預けてじゃれようとするし。
食い意地も相変わらず。吐き気のせいでまだ普通に食べられないくせに、お菓子くれだのアメくれだの、ほんとうるさい。
女の子なんだから、もう少しおっとりしてくれないかなぁと最近よく思うのだが・・・

そして、いよいよ最後の砦であったパパがダウン。今朝になって、熱を出して寝込んでしまった。
もともと、パパは家族の中でも一番体が弱いくらいのもんで、ちょっと無理するとすーぐ風邪をひいてしまう人だから、3人ものインフルエンザ患者に囲まれてうつらない方が奇跡だ。
と思っていたのだが、病院で検査したところでは、まだ感染はしていないらしい。扁桃腺が腫れただけで、普通の風邪みたい。
月曜からまた出張なのに、インフルエンザなんかにかかったら外出禁止になってしまうから、一応まだ感染していないのは一安心だ。
しかし、それならもう少し頑張って熱出さないで欲しかった・・・なんか周りの雰囲気に負けて、「今度は俺の番」みたいに寝込んじゃってるんじゃないの???
・・・とか言っちゃうのはやっぱり薄情か。

あぁ、りょうが泣いて起きてきた。今日はこれで終わり。
この連休はこのまま看病で終わるのは間違いなさそう。
早く家族みんな元気になって、ぱーっとどこかへ遊びに行きたいもんだ。

# by suzuryo0917 | 2005-02-13 00:00 | 双子ネタ

インフルエンザにかかっちゃった

丈夫なのが自慢の私。
昨日からいやに寒気がするので、「今日は昼からやけに寒いな」と思っていたら、寒気に加えて頭が割れそうな頭痛、腰から下の激痛!
熱を測ってみたら、38度5分もあった。
平熱が35度台の私は、それを見ただけで眩暈・・・

夕食を作る気力もないが、お腹をすかせた2人がいるし、さてどうしよう。
でもよくよく2人を観察すると・・・
すずは機嫌が悪くて私から離れようとしないし、りょうは赤い顔でソファにごろんと横たわっている。
嫌な予感がして熱を測ったところ、やっぱりありました。2人とも39度前後。

これは夕食どころじゃない!
自分のことは後回しで、慌てて2人を着替えさせ、布団に寝かせる。
りょうは高熱のせいで一度痙攣を起こした事があるし、すずも吐き気がするみたいで気が抜けない。
パパが帰ってくるまで、とりあえず3人で寝て待つことにする。

こんな時、夜間の救急施設を頼りにしても、無駄なことが多い。
1人の医者に対して何十人もの患者が待っているので、待ち時間が異常に長く、それだけでうんざりしてしまう。熱のある身にはそれだけでも十分苦痛だ。

おまけに、専門医がいるわけではないため、やっとの思いで診てもらっても原因が分からない事もしばしばである。
特に子供の病気の場合、本人がうまく症状を伝えられないし、症状自体も曖昧だったりするので、小児科医でないと、薬なども的確に処方してもらえない。

以前すずが熱を出した時、一度だけ夜間救急を利用したが、その時は内科医に「うーん、分かりませんね」などと事も無げに言われてしまった。夜中に車を走らせ、2時間待った挙句のセリフがコレである。薬も解熱剤しかもらえなかった。
こんなことなら、家でゆっくり寝かせて朝を待った方がよっぽど本人もラクだったろうに、と怒りを覚えて以来、救急施設は利用しないことにしている。

さて、メールで前もって知らせてはいたが、帰宅したパパは3人のバテぶりを見て慌てふためき、せっせと3人の世話をしてくれた。
夜中も、2人が泣いたり、「のどが渇いた」「おしっこ」などと言うたびに、起きて対処してくれていた。
こんな時、パパの協力は必須!特にママがダウンした時は、パパの頑張りが非常にありがたく思えてくる。
まぁ、普段はパパがダウンして私が世話する事の方が圧倒的に多いから、こんな時くらいはお世話してもらわないとねー(笑)

そして、今日。
木曜日に診てもらえる病院はあまりない。近所では1つだけ。
しかも午前中で終わってしまうため、木曜日は患者が大勢押し寄せる。
8時に診察券を出したのに、診てもらえたのは12時前だった・・・(--;)
症状を話したら、順番がくるまで家で待っていていいと言ってもらえたので助かったけど。

昨日まではただの風邪だと思っていたが、診断結果は「インフルエンザ」。
この近辺では今週に入って猛威を奮い始めているらしい。この病院でも、今日だけで10人くらい感染者がいたんだそうだ(!)
いつうつされたんだろう?あまり外には出てなかったんだけど。

3人の弱っている姿を見ながら出社したパパは、結局会社を早退して帰ってきてくれた。
子供達の体調が悪くても私が元気なら何とかなるが、私がこんな状態だと、熱っぽくて1日中不機嫌な子供達の相手をしていられない。まさに2人が私に貼りついてしまい、家のことが全くできなくなってしまうのだ。
会社を休んでもらうパパには悪いが、小回りの利く元気な人がいてくれるのは本当に助かる。

パパは出張で数日家をあけていたため、感染を免れたらしい。
しかし・・・ウィルスの蔓延した部屋で同居する限り、いずれパパも寝込むんだろうなぁ。私達が元気になった頃、一人で。

病院でもらった薬を飲んで数時間寝たら、私の方はようやく熱が下がって体もかなりラクになった。助かった。
ただ、子供達はまだ熱が下がらない。すずは比較的元気だが、それでも39度近くある。りょうは40度近くもあり、真っ赤な顔でぐったりしている。まだまだ心配。
早く薬が効いてくれないかな・・・

# by suzuryo0917 | 2005-02-10 19:34 | 双子ネタ

主役達の紹介です

双子といっても、うちは男と女。
これがまた、ちょっと珍しい所以です。

しかし・・・顔とか写しちゃっていいのだろうか?主役達の紹介です_c0048142_17225864.jpg

# by suzuryo0917 | 2005-02-01 17:19 | 双子ネタ

始めちゃいました

ブログ。
何度も耳にしつつ、イメージもなんとなく沸きつつ・・・
でも、いったい何者なのか、何のために使うのか、誰が見るのか、今ひとつよくわからなかったこの言葉。

ついに・・・私も始めちゃいました。

だけど、私は専業主婦。
現在子育て中。しかも双子。3歳。
ハマるほどの趣味もなく、他人様に熱く語れるものも特になく・・・
はて。何を書こうか。

いろいろ考えたけれど、
やっぱりこれかなあ。「双子」を育てているという、現在のこの状況。
人と人との関わりが希薄な今の世の中で、外をちょっと歩くだけでも見知らぬ人から「あーら、双子ちゃん?」なんて話しかけられることの多い、他人と少しだけ違う我が家の環境。

大変なことも多いし疲れる毎日だけれど、楽しいこともいっぱい、発見もいっぱいな生活。

今お布団でスヤスヤとお昼寝なさっている、この子供達との毎日を
私のブログとして、綴ってみようかなと思います。

# by suzuryo0917 | 2005-02-01 17:08