人気ブログランキング | 話題のタグを見る

♪音楽三昧♪の夏休み

世間はお盆で、皆さん何処かへお出かけでしょうが。
我が家は既にお出かけも一通り完了し、残すはママの実家への帰省のみ。帰省というほどの距離でもないけど。
そのせいか、気分的にもなんとなくのんびりモードだ。

この夏は、EXILEのライブクラシックのコンサートと、ママにとっては音楽漬けだ。ブラスバンドの練習も、比較的頻繁に顔を出しているし。
音楽は大好きだから、全然苦にはならないけどね。

青島先生のコンサートは非常に趣向が凝らされていた。物語とオペラと演奏を組み合わせて、お話が進むごとにテノール歌手が歌ってみたり、お話の雰囲気にあった曲を演奏してみたり。
内容はバリバリのクラシックなんだけど、子ども達は物語に引き込まれて、退屈することもなく集中して聴いていた049.gif
最後に演奏された有名な「ボレロ」も、普通のオーケストラなら登場しないような管楽器もたくさん出てきて、1人1人がソロでメロディーを繰り返していくから、ママとしても新鮮で最高に良かった。

EXILEはEXILEで、ボーカルATSUSHIの圧倒的な歌唱力に聴き惚れてしまった。
好きな曲もたくさんあるし、ノリのいい曲は最高に盛り上がるし016.gif。今回のライブのおかげで、ようやく14人のメンバー全ての顔と名前が一致した037.gif

♪音楽三昧♪の夏休み_c0048142_2319475.jpg7万人(!)の観客が灯すペンライトの海は、まさに筆舌に尽くしがたい。スタジアムのライトも消えて、青い光だけが満天の星のように瞬くのを見ると、本当に言葉を失ってしまう。その光の海の中で、ATSUSHIがバラードなんか歌っちゃった日には!!(笑)

しかも最後の曲が「愛すべき未来へ」という壮大なバラードだったのだけど、その満天の星の中で、ATSUSHIは歌う前にこう言ったのだ。
「今日は広島に原爆が落とされた日でもあります。今日来てくれている皆さんや世界中の人達がずっと平和であり続けるように、そして原爆や戦争で亡くなられた方達への思いを込めて、この歌を歌います」

ちょうどその日が8月6日だった故の発言なのだが、広島で生まれ育ち、8月6日にいろいろな思い出のあるママは、ちょっとグッときてしまった。
こんなにノリよく盛り上がってきたライブの最後に、しかも客はそんなことに興味もなさそうな若い人ばっかりなのに、敢えてこんなことを言うなんて!ATSUSHIかっこ良すぎる012.gif
なんだか最後はジワジワと嬉しさがこみ上げるような、今までに経験したことのない感覚を味わったライブだった。

EXILEもクラシックも、ジャンルは全然違うけど、生の演奏は迫力がCDと比べて段違いだ。行く度に様々な感動をもらえるから、ライブはやっぱりやめられない。
夜のライブだと子供達を預かってもらわなければならないので、そうしょっちゅう行くことはできないけど。
EXILEなら、そろそろ子連れでも行けないことはないが・・・すずもりょうもEXILE好きだし、実際に家族連れもいたし。
でも、チケット代がね・・・008.gif


話は変わって。
音楽漬けの一環と言うべきか、先月はすずとりょうのピアノの発表会もあった。5月から個人レッスンに切り替えて、わずか2カ月後の発表会だった。

他の生徒さん達はおそらく、5月には発表会で演奏する曲も決まって練習を始めていたはずで、我が家の2人は明らかに遅いスタート。だから、今年は焦って発表会に出る必要もないだろうと、ママはのんびり構えていた。
個人レッスンになってから、2人とも担当の先生も変わっている。それぞれが別の先生に教わっているので、先生やレッスンの雰囲気に慣れてからでいいやと思っていたのだ。

♪音楽三昧♪の夏休み_c0048142_23271114.jpgが、2~3回レッスンを終えた5月末、すずの先生もりょうの先生も「発表会、出ませんか?この調子なら7月までに間に合いそうですから」と言い始めた。
え?マジで?!025.gifと、正直ちょっと躊躇した。だって、ママがハッパかけないと、2人ともなかなか練習しなさそうなのが分かってたから(汗)。ハッパかけるのも楽じゃないんだもん。
発表会の出演料だって、2人分だと結構な額だしさ。

でも、2人とも先生に誘われて、すっかりその気になってしまっている。
それに、先生が「出られますよ」と言って下さっているのに、親が「いや、出させません」と固辞するのも変な話で。逆ならともかく。

それで、レッスンで使っているテキストからそれぞれが2曲ずつを選曲し、練習が始まったわけだが、しばらくの間は2人とも「ステージに立つ」という実感がまったく湧かないようで、実にダレダレな練習ぶりだった。
まぁ、去年までのグループレッスンの発表会のイメージしか、彼らにはないからね。

グループレッスンの発表会は6~7人でのアンサンブル形式で、しかも弾くのは右手のみ。ママは事前に楽譜を見ているから、2人がどんな旋律なのか把握できているけど、そうでないパパやジジババ達は多分、ステージ上で弾く2人を見ても、誰がどんなメロディーを弾いているのか分からなかったと思う。
ぶっちゃけ、ちょっとくらい間違えてもごまかしが効いてしまいそうな感じだったのだ。

曲のレベルも、2人にとっては少し簡単なことが多かったから、家である程度練習すればもう弾けてしまって、正直なところ、少々ナメてかかっていたところもあった。
ママもそれが分かっていたので、去年までは「弾けて当たり前」みたいな感覚で、発表会といってもそれほど焦ることもなかったのだった。

ところが、今年からはソロで弾くことになる上に、準備期間も短い。おまけに2人が選んできた曲は、普段のレッスン用テキストの曲とは言え、春まで弾いていたものよりは明らかにレベルが高かった。しかも、1人2曲もある008.gif
こんなのを弾くのに、今までと同じペースで練習してたんじゃ、絶対に本番までに間に合わない!本人達のダレダレぶりを見るにつけ、ママの方が焦るばかりだった。

♪音楽三昧♪の夏休み_c0048142_23333065.jpg2人はママのそんな焦りも知ってか知らずか、「夏休みに発表会あるんだー060.gifとのんきに周囲に宣伝して回る始末(汗)。ジジババはもちろん、春までお世話になっていたグループレッスンのクラスの先生や、学校の担任の先生まで聴きに来てくれることになってしまっていた。
宣伝するだけしておいて、自分達の演奏がボロボロだったらどうするつもりなんだ、まったく。

こちらがワーワー言っても、2人の態度はなかなか変わらない。いい加減、ママも怒り飽きて、ついには「まぁ好きにすれば?どうせお母さんの発表会じゃないし、あんた達が弾けても弾けなくても関係ないから。お客さんたくさん呼んでおいて間違えまくっても、恥ずかしい思いするのはあんた達だからね013.gif」と、突き放した。

口うるさいと嫌がるくせに、突き放されると不安になるようで(笑)。それ以来、すずは地道に練習し始めた。
技術的に指は動くようになったが、元来の上がり性のため、ママとりょうがお客さんとして横で見ているだけで、指がもつれて、いつもなら間違えない箇所を間違えてしまう
緊張するのは仕方ないけれど、人前でどれだけ自分のペースを保てるかが課題だった。

気が向けばピアノに向かうが、あれこれ気が散ってなかなか1つのことに集中できないりょうも、本番1週間前になってようやく、このままじゃヤバいと思い始めたらしい。突然、黙々と練習し始めた。
彼は、普段はあっちへフラフラ、こっちへフラフラしているけれど、いったんコレと見定めると、その集中力はかなりのもんなのだ。2~3日真面目に練習した結果、ミスも減ってちゃんと聴けるレベルにまで到達した。
それなら最初から、そうやって真面目にやってくれりゃいいのに・・・015.gif

そんな調子で迎えた本番。ステージ裏では、2人ともかなり緊張していたらしい。
先生によると、りょうの方が珍しくソワソワしていたようで、「あ~、手が震える~042.gifとか呟きながら、落ち着きなくウロウロ歩き回っていたんだそうだ。
それでもステージでは、2人とも予想以上に堂々としたものだった。

♪音楽三昧♪の夏休み_c0048142_082119.jpg先に演奏したりょうは、少々間違えた所もあったけど、そのミスにうろたえることなく、すばやく演奏を立て直すことができた。ちゃんと指に力を込めて弾いていて、音量もしっかりしていた。
すずに至ってはほぼ完璧と言える内容で、客席からだと緊張しているようにも見えないくらいだった。毎日少しずつでも、地道に練習した結果が出て、本人も嬉しかっただろう。

ママはビデオ撮影に集中していて写真まで撮れなかったのだけど、カメラを覗きながら「へぇ~、2人ともなかなかやるなぁ」と、今日ばかりは2人を素直に褒めてあげたい気持ちになった。
約束通り、グループレッスンクラスの先生や学校の先生もお忙しい中聴きに来て下さり、花束まで頂いた。前クラスの先生からは「2ヶ月でずいぶん上達しましたね!よく弾けてましたね~045.gif」とお褒めの言葉も頂いて、すずもりょうも満足気に記念写真に収まっていた。

今回は準備期間が足りなかったけど、この発表会で2人が自信をつけてもっと欲を出してくれるようになったら、いずれはソロの他に、2人で連弾もできるかもしれない。子どもの頃、発表会でママが妹と連弾を演奏したように。
すずとりょうの連弾も、いつか聴いてみたいな~。

# by suzuryo0917 | 2010-08-11 00:06 | 我が家のイベント

珍ショット

珍ショット_c0048142_1713073.jpg

珍ショット_c0048142_1713163.jpg

パパの実家近くの小さな山を散歩してきた。
住宅街だけど、ちょっと足を延ばすとまだまだ自然がいっぱい(^-^)ノ~~

1枚目は、蝶の交尾(!)
分かりづらいが、蝶2匹が上下逆さまになって合体している。
こんなの初めて見た(*^_^*;)

それと、標識に上るりょう。
細長い棒にはとりあえず何でも上る。まるで猿のよう(笑)

山では野生のリスも2匹発見!
動きが速すぎて、写真は取れませんでした(T_T)

# by suzuryo0917 | 2010-08-08 17:01

EXILEライブ

EXILEライブ_c0048142_17592085.jpg

キターッ!
EXILEライブ、キターッ!!

チケット余ってるけど…とママ友に声かけてもらいました。
ありがとう、あやねぇさん!

客、若っ!
というか幅広い!子どもから、50代くらいのオバサンまで様々。
でも、水着みたいな格好の若いねぇちゃんが多い。B'zのライブとは大違いだ(笑)。

男女比は当然ながら、女が9割。
男子トイレを女性専用に変えて使用するようになっているが、それでも行列ができている。

席が思いのほか良くて、1階席の前から16列目。
ステージがスタンドギリギリまで張り出しているから、これなら肉眼でも十分見れそう!

さて、もうすぐ開演!
盛り上がるぞ〜!!o(^▽^)o

# by suzuryo0917 | 2010-08-06 17:59

親子でクラシック

親子でクラシック_c0048142_1505154.jpg

親子でクラシック_c0048142_1505138.jpg

すずとりょうと3人で、クラシックのコンサートを聴きに来てます(^O^)/

「題名のない音楽会」や「世界一受けたい授業」などに出演している青島広志先生が指揮&司会を務めている。
「子どものための音楽会」というタイトルのコンサートなので、客は子連ればかり。多少の話し声はお互い様ってことで、親子で安心して演奏を聴いていられる。

曲目も、バンクーバーやトリノオリンピックのフィギュアスケートで浅田真央ちゃんや安藤美姫ちゃん、荒川静香さんが滑っていた時の曲など、すずとりょうでも知っているものばかり。
生のオーケストラ、久しぶり♪やっぱりいいなぁ(*^-^)b

青島先生の話は面白くてコンパクト。テレビのまんまだ。
途中では一緒に合唱もしたりして、子どもを飽きさせないようよく考えられているo(^▽^)o

これから第2部。どんな演奏かな~(^_^)v

# by suzuryo0917 | 2010-08-05 15:00

伊豆の海へ

海へ行く2日前までずっと猛暑、そして帰ってきてからもずっと猛暑。
なのに、出発前日からどうして曇り始めるんだ?!

しかも当日朝は、神奈川を出て135号線を走る間、台風が来たかと見まごうような大雨057.gif(涙)。頑張って4時半に起床し、5時過ぎには出発したのに。
ワイパーはフル稼働、海岸沿いの国道が通行止めになるんじゃないかと、本気で心配した007.gif
それでもなんとか現地に着く頃には止み、午後には晴れてきたからよかったけど。

伊豆の海へ_c0048142_164577.jpg下田の海は本当にキレイだった!
かなり深い場所まで行っても、つま先まで見通せる透明度。こんな美しい海に入ったのは、それこそ10年前のタヒチ以来。

今回の旅は、海水浴場も宿泊したホテルも、一緒に行った友人一家が毎年通っている所に便乗させてもらった形だ。もともとダイビングが趣味というご夫婦だけあって、セレクトする海もどうりでキレイな訳である016.gif
波も穏やかだし、客層もファミリーが中心。こじんまりとしていて、家族で訪れるにはうってつけの場所だった。

1年ぶりの海で、子供達が喜んだのは言うまでもない。が、今年はそれに加え、一緒に遊べる友達がいる。うちの2人と同じ3年生のお姉ちゃん、1年生の妹ちゃん、そして年中さんの末っ子くん。
友達といっても、会ったのはこれで2回目。GW以来の再会だから、始めのうちはやはりお互い恥ずかしがって、あまり話もしていなかった。
でも、お互いずっと楽しみにしていただけあって、一緒に砂遊びをしたり波に揺られたりしているうちに、すっかり打ち解けたようだ。性格的にも波長が合ったみたいで、学校の友達と遊ぶようにはしゃいでいた。

大人達の気が合っても、子供達の気が合わないとそれはそれで気を揉む状態になってしまう。
泊まりがけで大丈夫か、ちょっと心配だったのだが、5人の楽しそうな様子(少なくとも我が家の2人は楽しかったと言っていた)を見て一安心。

伊豆の海へ_c0048142_173899.jpgホテルでも、子供達の興奮するようなサービスや企画が満載。
縁日広場と称した宴会場では、射的やくじ引きなどのゲームが楽しめるようになっていた。宿泊客サービスとして、1人あたり500円分のコインをチェックイン時にゲット済みだったので、一通り遊ぶことができた。同じくチェックイン時にもらった花火も、ホテル内の庭で仲良く楽しんだ。

キッズルームには巨大な滑り台とボールプールがあり、5人で狂ったように走り回って、飛び回って・・・。30分以上も、そうやって飽きずに遊んでいた。せっかく温泉で汗を流したのに、あっという間に呆れるくらいの汗まみれ015.gif
4時間くらい海にいたのに、それでもなおこれだけのパワーを出せる子供って、ホントすごすぎる005.gif

その時点で既に21時を過ぎていたのだが、彼らはまだまだ飽き足らず、「今度は部屋で皆で遊ぶ!!」とやる気マンマン050.gif
大人達は、早く子供達を寝かせて待望の飲み会を始めたかったのだが、全然寝てくれそうにない。5人で一緒に寝る!と大騒ぎするので、とりあえず一部屋に全員が集まり、子供は子供で遊び、大人はそれを眺めながら飲むことにした。

結局、何とか寝かそうと仕向けた大人に根負けし、5人が眠りについたのは23時近く。
遅すぎ009.gif。こっちももう眠いって(笑)。
そうは言っても、こんな機会はめったにないし、「大人だけでゆっくり飲みたいよね~」というGWの時の発言がこの旅行の発端になったことでもあるから、ここで寝てしまうのはもったいない!
落ち着いて4人でいろんな話ができて、とても楽しい時間だった。

話してみて、改めて様々な「縁」を実感。
挙式した日も1日しか違わないし、挙式した場所も同じ浦安(しかも向こうは挙式日前泊、うちは挙式後に宿泊していたので、全く同じタイミングで2日間、浦安にいたことになる)。

伊豆の海へ_c0048142_184232.jpg一番ビックリしたのは、年中の末っ子くんの誕生日が、なんとすずとりょうの誕生日と同じだったという事実072.gif
末っ子くんは何故かりょうにとてもなついてくれていて、2日間ヒマさえあればりょうの後ろをついて回り、りょうのやることなすこと(覚えなくてもいいようなことまで(汗))真似をしていたのだけど、誕生日が同じと知ってしまうと、そういう行動も何だか不思議な繋がりを感じずにはいられない。

りょうも、普段は甘えん坊のくせに、末っ子くんの前ではアニキ風を吹かしていた。食事の時も「好き嫌いしないで全部食べろよ、食べたら本読んでやるからな」なーんてエラそうに言ったりして。
いつも自分が弟の立場なので、自分についてきてくれるのが嬉しくて仕方がなかったみたいだ012.gif

2日目は朝からホテルのプールでバッチリ泳いだ。但し、ママはこれ以上の日焼けが怖く、パパは1日目の海で体力を消耗し、2人ともプールサイドで見学(汗)。ま、我が家の場合、プールなら子供達だけでも遊べるからね。
友人一家はご夫婦もプールに入り、結果的にすずとりょうの面倒まで見てもらってしまった。ゴメンナサイ023.gif

伊豆の海へ_c0048142_193952.jpgその後、下田駅周辺でお土産を買い、お勧めの人気の回転寿司屋(本当に人気らしく30分以上待たされた!)でお寿司を満喫。満腹状態で眠気と闘いながら帰宅の途につき、高速道路のパーキングで解散となった。
パパは長距離の運転でさすがに疲労、ママもあまりの暑さにグッタリだったが、子供達は夕方でもピンピンしていて、まだまだ遊べそうな気配だった。ここまで来ると尊敬に値する042.gif
帰宅して家の布団で横になったとたん、2人とも爆睡だったけど(笑)

GWに会った時もそうだったけど、数回しか会ったことがないとは思えないような気安さを感じて、とても楽しい旅だった。
多分、年に1~2回しか会えないとは思うが、これからは連絡を取り合ってまた会えるといいなぁ。
すずとお姉ちゃんの女同士も気が合うようだったから、2人で文通でもしてもらって、近況報告するとしようかな011.gif

# by suzuryo0917 | 2010-08-05 01:24 | お出かけ